インストール/アップグレードに関するフォーラム

CentOS 6.5 での Moodle 2.7 セットアップ方法

 
画像 Toshihiro KITA
CentOS 6.5 での Moodle 2.7 セットアップ方法
グループ Translators
例によって、分かる人にしか分からないようなメモですが、ご参考までに。
(Moodle2.7には、PHP 5.4.4以上, MySQL 5.5.31以上 が必要です。)
# 間違いなどがあればご指摘ください。


su を実行して、root になっておく。

[諸々の準備]
外部からHTTPがアクセスできるようにする。
(setup コマンドを実行し、「ファイヤーウォールの設定」の「カスタマイズ」で
「WWW (HTTP)」 と 「安全な WWW (HTTPS)」 のチェックを入れ、「転送」を押す。)

SELINUX の制限は外す。
( /etc/selinux/config の SELINUX=enforcing を SELINUX=permissive に変更し、
reboot を実行してOSを再起動。)

NetworkManager を停止。(/etc/resolv.conf が自動上書きされてトラブることがあるので。)
/etc/rc.d/init.d/NetworkManager stop
chkconfig NetworkManager off
# 参考 http://mikotosnow.blog.fc2.com/blog-entry-11.html

/etc/hosts.deny に
ALL: ALL
と書き、
/etc/hosts.allow に
sshd: アクセス元のIPアドレス
と書くなど、適切に設定しておく。

crontab コマンドが使えるようにする。
yum -y install cronie-noanacron
yum -y remove cronie-anacron
# 参考 http://www.server-world.info/query?os=CentOS_6&p=initial_conf&f=9


[PHP5.5やMySQL5.5 を入れるため、IUSリポジトリ(Rackspaceが運営)が使えるように]
rpm -Uvh http://dl.iuscommunity.org/pub/ius/stable/CentOS/6/x86_64/epel-release-6-5.noarch.rpm
rpm -Uvh http://dl.iuscommunity.org/pub/ius/stable/CentOS/6/x86_64/ius-release-1.0-11.ius.centos6.noarch.rpm
yum -y update
# 参考 http://www.1x1.jp/blog/2013/12/how-to-install-php-rpm-on-centos-5-and-6-amazone-linux.html

[php と MySQL のインストール]
yum -y remove php php-* mysql mysql-* # phpやMySQLがインストール済みの場合
yum -y install git mysql55-server php55u php55u-gd php55u-opcache php55u-mbstring php55u-mcrypt php55u-xmlrpc php55u-soap php55u-intl php55u-xml memcached php55u-mysqlnd php55u-pecl-jsonc
chkconfig mysqld on
chkconfig httpd on
service mysqld restart
service httpd restart

[データディレクトリの作成]
mkdir /var/www/moodledata
chown apache:apache /var/www/moodledata

[DB作成]
mysql -u root -p -e "CREATE DATABASE moodle DEFAULT CHARACTER SET utf8 COLLATE utf8_general_ci; GRANT ALL ON moodle.* TO moodledbu@localhost IDENTIFIED BY 'T4L3i28KrpA'; ";
(mysql のrootパスワードを聞かれるので、設定していない場合は単にエンターキーを押す)

[git による Moodleソースコードの取得]
# http://docs.moodle.org/2x/ja/%E7%AE%A1%E7%90%86%E8%80%85%E7%94%A8Git
cd /var/www/html
git clone git://git.moodle.org/moodle.git
cd moodle
git branch -a
git branch --track local_27_STABLE origin/MOODLE_27_STABLE
git checkout local_27_STABLE

ここまでできたら、Moodle のセットアップ をWebブラウザを使って通常どおり行う。
DBの画面では、上記の moodledbu とパスワードを。

「設定が完了しました。」のページで config.php が表示される
vi config.php
ESC i
config.phpの内容を貼り付け
ESC :w
:q

cronジョブ登録も:
crontab -e
ESC i
*/5 * * * * wget -q -O /dev/null http://your.server.name/moodle/admin/cron.php
ESC :w
:q


バックアップ用 シェルスクリプト takesnap.sh
----------------------------------------
#! /bin/sh -x

dbbak=mysql-moodle-`date +%F-%H%M`.sql.gz
databak=dataroot-moodle-`date +%F-%H%M`.tar.gz
filebak=dirroot-moodle-`date +%F-%H%M`.tar.gz

mysqldump -u root -C -Q -e -a moodle -p | gzip > $dbbak
tar czf $databak /var/www/moodledata
tar czf $filebak /var/www/html/moodle/
----------------------------------------
 
評点平均: お役立ち度: ★★★★★★★ (2)
画像 Toshihiro KITA
お名前.comのVPSでMoodle2.6をセットアップ
グループ Translators
VPSも最近は共用レンタルサーバ並に安価になってきたので、
お名前.com の VPS(KVM)メモリ1GBプラン(15日間無料トライアル)で試してみました。

セットアップ手順の動画を作成しましたので、公開します。
(画面上に現れるアノテーションで説明を書いています)


この動画では、手順の簡素化のために、Moodle 2.6 をインストールしていますが、
Moodle 2.7 も(本スレッドの上記の手順で)インストール可能です。

# なお、「さくらのVPS」の CentOS6 でも、(動画の概要に書いた通り、)ほぼ同様の手順でインストールできました。
Hiroshi UEDA
Re: CentOS 6.5 での Moodle 2.7 セットアップ方法
 

上田です。

当方RHEL6ですが、iusリポジトリのrpmをインストールしようとすると、依存性から多くのパッケージを削除しようとします。もちろん再インストールすればいいのですが実運用サーバでは怖いので躊躇していました(phpはまだしも、iusのmysqlをインストールしようとするとpostfix,mailmanを削除することになり焦りました)。

で、RedHatも認めた方法をようやく探せたので共有します。これでようやく2.8を試せます。

1
2
3
sudo rpm -ivh mysql-community-release-el6-5.noarch.rpm
sudo yum update

参考:

 
評点平均: お役立ち度: ★★★★★★★ (1)
Hiroshi UEDA
Re: CentOS 6.5 での Moodle 2.7 セットアップ方法
 

上田です。

当方RHEL6ですが、iusリポジトリのrpmをインストールしようとすると、依存性から多くのパッケージを削除しようとします。もちろん再インストールすればいいのですが実運用サーバでは怖いので躊躇していました(phpはまだしも、iusのmysqlをインストールしようとするとpostfix,mailmanを削除することになり焦りました)。

で、RedHatも認めた方法をようやく探せたので共有します。これでようやく2.8を試せます。

1
2
3
sudo rpm -ivh mysql-community-release-el6-5.noarch.rpm
sudo yum update

参考: