全般的日本語フォーラム

Moodle 2.4 は組織内に Moodle を広める好機と思われます

 
画像 Takayuki ISHIKAWA
Moodle 2.4 は組織内に Moodle を広める好機と思われます
Developers

既にご存知の方も多いと思いますが、Moodle 2.4 が release されました。大阪国際大学では一足早く (1週間前から) Moodle 2.4 を導入し、なかなか良い感触を得ています。

Moodle 2.4 で初めて改善された点ばかりではないですが、以下のような点で、特に教員にとって使い勝手が良くなったと思われます。

  • 任意の file を course section に drag&drop するだけで、その file を course に追加できるようになった (Firefox 及び Chrome 可、IE 及び Safari 不可)
  • 学生から提出された files の (ZIP) 一括 download が可能になり、文字化けもしなくなった

後者は、これまで採点にかなりの手間がかかっていたことが省力化される、大きな改善点です。MDL-33710 によって Moodle 2.4 から文字化けが解消されました。ただし、archiver が Unicode に対応している必要があります。具体的には、

  • Explzh … 対応 (64bit あり)
  • ALZip … 対応 (64bit なし)
  • CubeICE …対応 (64bit あり)
  • +Lhaca … 非対応
  • Lhaplus … 非対応
  • Windows 標準の zip 解凍機能 … 非対応

という感じですので、多くの人が Unicode 非対応 archiver を使っている可能性が高く、そういう方々には Unicode 対応 archiver を紹介してあげないと便利さを実感してもらえないことになります。

以上、Moodle を組織内に広げる好機と思い、この記事を投稿しました。

 
評点平均:有益(Useful) (2)