Moodle開発者フォーラム

Google の Summer of Code 2009 はじまる

 
画像 S. Yamane
Google の Summer of Code 2009 はじまる
 
夏にプログラミングにとりくむ学生を対象とするGoogle の Summer of Code 2009 がはじまりました。現在,学生にプログラミング課題を出して夏休みの間指導するオープンソース/フリーソフトウェア団体を募集しています.
http://code.google.com/soc/

Moodleコミュニティも参加すべく,学生に与える教育的な課題,および学生を指導するメンターを募集しています.
http://moodle.org/mod/forum/discuss.php?d=116728

日本語情報:
いまのところ一番くわしい日本語情報が読めるのはFSIJが昨年作成したウェブサイトでしょう.
http://www.fsij.org/homepage/wiki/GSoC2008

開発者向け情報:
学生の夏休みの課題にふさわしい機能拡張があったら,上記スレッドで提案してみましょう.その際に学生の指導もやれるかどうかも言い添えておくとよいでしょう.メンタとして登録すれば、Googleから旅費支給でメンターサミットに招待されるらしい(昨年の話。サブプライム危機以降も実施するかどうかは不明。)。

学生向け情報:
卒論や修論でMoodleをいじっている人は,その課題で申し込むこともできます。それで数十万円の奨学金を得るとよいのですが、指導を引き受ける人がいないと採択されないので,なるべく上記のMoodleの募集するテーマに近い提案を用意する方がよいでしょう.
とりあえず参加団体が決定して学生募集が始まるまでは、英文で自己紹介や自分の研究紹介を書く練習をしておきましょう笑顔

 
最大評点: -
画像 S. Yamane
Moodle, Google Summer of Code 2009に採用される
 
Google Summer of Code 2009 の採択団体が発表され、学生の質問/申請期間がはじまりました。100年に一度の経済危機のため、今年は採択されるオープンソース・フリーソフトウェアプロジェクトの数が減ると言われていましたが、Moodleは無事採択されました。
教育ソフトウェア方面で目についたプロジェクトを紹介します。
学生は自分の得意そうな分野とおすすめのアイデアリストとをつきあわせてみましょう。Google Summer of Code は学生の就職活動にも役立つと思いますので、学生から相談を受けた先生、学生の卒論テーマにMoodleを与えた先生、ソフトウェア開発のインターン実施企業を探している先生は検討してみてはいかがでしょうか。
画像 S. Yamane
Google の Summer of Code 2011
 

今年2011年もGoogleのSummer of CodeでMoodleが採択されました。

Moodle開発コミュニティに参加する学生には奨学金が、メンタリングを行うコミュニティには助成金がGoogleより提供されます。(過去のSummer of Codについては親記事を参照。)

ただいま、採択された開発コミュニティへの学生・院生からの質問期間中です。3月末に応募フォームを使った応募受付がはじまります。

Googleの公式アナウンス: http://google-opensource.blogspot.com/2011/03/mentoring-organizations-for-google.html

Moodleのサイト: http://docs.moodle.org/en/Projects_for_new_developers

学生を指導するメンター有志によって課題が出されていますが、難易度がバラバラです。Moodleを通じて世界的なソフトウェア開発の現場に触れたい学生・院生の方はぜひチェックしてみてください。すでにMoodle開発に取り組んでいる学生は、質問期間のうちに自前のテーマで申し込めないか尋ねてみるとよいでしょう。

 
最大評点: お役立ち度: ★★★★★★★ (1)
画像 S. Yamane
Re: Google の Summer of Code 2011
 

Moodle News でも Google Summer of Code 採択が報じられました。

 
最大評点: お役立ち度: ★★★★★★★ (1)